お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

お白湯で「あたたかい生活」を!

f:id:osayupress:20170923073027j:image

 

こんにちは!

お白湯通信のナンヴと申します。

マンガを描いたり、版画を彫ったり、かぎ針編みしたりして生活しています。

 

何ヶ月かごとに「お白湯通信」というzineを作って売っています。

 

zineってご存知ですか?

 

広い意味では小冊子、その中でも自分のことを記した、パーソナルzineが私は好きで、その世界に魅了されています。

 

紙のブログみたいなものでしょうか。

紙なので、伝える範囲が限られているのがまた面白いところです。

 

さて、紙で作っている「お白湯通信」のweb版を、何故作ろうと思ったかと言うと、

 

お伝えしたいことが、ありすぎて…。

 

このあふれる想い、止められなかったのですよ…。

 

紙の「お白湯通信」も、そんな経緯で始めたのですが、書き出したらもっともっととなってしまいました。

強欲なひとですねえ。私は。

 

またそれは、私がやっている生活の仕方、アーユルヴェーダや冷えとり健康法の毒出しにも似ているように思います。

 

体にたまった色々な毒(詳しくは別の記事に書きますね)は、体が出せるようになると、どんどん出て行くというところが。

 

私が、今、いえ、長いこと、20代の時から楽しいと思っていたのは「生活」です。

 

生活は、自分で創り出すものです。

生活には、自分の中身が嫌が応にも反映されます。

 

若い頃は、はたらきたくないんだなと思っていたのですが、違いました。

 

「生活」がしたいのです。

 

その気持ちに気付かせてくれたのが、アーユルヴェーダの知恵で、お白湯を毎朝起きたら飲むことと、冷えとり健康法の、とにかく下半身をあたためるということです。

 

体も、心も、あたためると、ゆるくなります。バターと同じですね。

 

「お白湯通信」で、冷えて固くなった「何か」がゆるんでくれるとうれしいです。

 

紙の「お白湯通信」と同じく、親しい友人への手紙のようなブログを書いて行きたいと思います。

毎週金曜更新出来ればいいなと思っているのですが、先日、冷えで困ってるお悩みを立て続けに聞いたので、なるべくアップしたいかなと思います。

 

みなさん、よろしくお願いしますね。

朝に限らずお白湯、飲んでみて下さい。

 

どうぞ、あたたまってお過ごし下さい♨︎

 

南部 宏子(ナンヴ ヒロコ)

 

********

12/2、3に桜台poolで行われるzineとライヴのイベント「TOKYO ZINESTER GATHERING 2017」に12/3の方に「OLLC」というユニットで出店をします。

 

zine「お白湯通信」あたため臨時増刊号や、はたらかないカレンダーなどを販売しますので、ぜひ遊びに来て下さいね!