お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

ドイツでもお白湯&湯たんぽ、と、ビーガンケーキもあります

f:id:osayupress:20180125092602j:image

 

みなさんこんばんは!

先日は、東京、降りましたねえ!!

 

ありがたいことに雪かきをしなくて良い私は、楽しく街を歩きましたよ。

長靴も最近買ったので、無敵です。

 

私は北海道出身なので、冬に街に雪がないと、何だか落ち着きません。

雪を見て、冬だなと認識します。

なので、雪が降ると落ち着きます。

 

雪かき経験が少ないからこんなこと言えるのはわかっているんですけどね…。

 

で!こんな寒い時こそ、お白湯ですよ〜!!

お白湯のしみる季節ですね。

朝起きて、お湯が沸くのが待ち遠しいです(沸いてから10分沸かし続けるので、また待ち遠しい…)。

 

先日ドイツに行った時も、私はお白湯は欠かさず、そして愛用のミニ湯たんぽも持って行き寝る時に入れていました。

 

そのおかげか、毎日フライドポテトをお腹いっぱい食べても快便だし、寒さにも負けず元気に過ごすことが出来ました。

 

湯船につかることも、足湯も出来たし、あたため環境はとても整っていたと思います。

 

ドイツでは友人夫婦のお宅に泊まらせていただいたのだけど、ドイツの風習なのか、ふたりはハーブティーをよく飲んでいました。

お白湯に近いものを感じます。

 

私はお白湯の後にハーブティーかコーヒーとパンという感じでした。

パンは色々おいしかったですね…。幸せでした。

 

ドイツでは(というかヨーロッパでは)無料の公衆トイレがないので、お昼や、お茶の時がトイレチャンスです。

 

水分を多く摂る私は、トイレのための小銭、電車に乗る小銭と小銭小銭の頭になっていて、最終日にも小銭作っちゃって使い切らずに帰って来てしまいました。

 

トイレ行けないかも…!!の恐怖は、15年前にパリに行った時に痛いほど味わったので、それが強かったんでしょうね。

 

もう有料トイレじゃない空港でも小銭を大事にしてしまいました…。

 

小銭だけで千円くらいあるので、近いうちに、今度は日本に来る友人夫婦にあげようと思います。

というか、お金すられて貸していただいので、返すんですけどね(爆)!

 

そんな私のドイツ土産ばなしがたっぷり聞ける米粉シフォンカフェ「3時」、週末28日(日)14時〜18時でオープンします!

 

グルテンフリーの米粉シフォンケーキの他に、私が唯一知っているビーガンスイーツ、ドライフルーツ入りココアケーキもご用意することになりました!

 

ビーガンとか関係なくても美味しいですので、ぜひ遊びにいらして下さいね。

 

ドイツから帰ってきて、アーユルヴェーダとはちょっと違う、玄米だけを食べる「七号食」をして、少し胃腸をリセットしました。

 

今年もこれから、長い目でタフにやって行けるよう、体をあたためて、心もあたためて、その中にあるどろっとしたものを出して、きれいな部屋のようにして過ごして行きたいと思います。

 

そうだ、部屋がきれいなのは本当にだいじ、って思っていたところでした…。

 

それはまた「四畳+ロフトの宇宙」カテゴリでお伝えしたいです。

 

それではみなさん、あたためてお過ごしください♨︎

お会い出来る方は日曜に会いましょう〜。