お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

花咲くパワー

f:id:osayupress:20180330162757j:image

 

みなさんこんにちは!

 

東京は、春!春!桜!桜!です。

毎年見ているのに、どうしてあんなに心奪われてしまうのでしょう?桜って。

 

そして、木々の芽吹きの力強いこと!!

 

近年、私は、近所の大きな公園への散歩すると、2月くらいから木々の枝の先がふくらんでいることに驚いています。

 

東京の春早いよ…。

そして木々の潜伏っぷりやばいよ…。

 

あんなに密かにちょっとずつ、芽吹き、花咲く準備をしているんですね…。

すごい、自然は本当にすごい。

 

冬の終わりに、私も風邪をひきましたが、周りでもインフルエンザ、胃腸炎、吹き出物など、体調を崩したひとが多かったです。

 

私は、みんな毒出ししてるんだなあと、アーユルヴェーダや冷えとりの視点から思いました。

 

そして、春の毒出しって、花が咲くようなパワーで、激しいのではないかなとも思いました。

もともとが元気なひとほど激しいのではないかな、とか。

 

人間、年がら年中元気であることが健康とされているみたいですが、元気がない自分に気付くとか、気づいたら休むとか、そっちの方が健康なんだなと、最近は思っています。

 

落葉する種類の木々は、冬は無理して葉をつけず、前述したように春へのパワーをひっそりためています。

 

多分、人間もそうだと思うのです。

雪の降る地方の人々は、冬は家の中で手仕事をしたり、あたたかいうちに蓄えておいたもので、活発になり過ぎず過ごしても良いんだと。

 

冬季うつというものもありますが、そうやって動けなく方が自然かもしれません。

 

それでですね、蓄えておくって言っても、雪が降ったら野菜は採れないし、肉だって灯油だって必要じゃない!という意見があると思います。

 

野菜は、じゃがいも、大根、にんじんあたりは、寒い玄関に置いておけばひと冬持ちます。

あと、りんごは、ひと冬持ちます。

今年実験(というか自然とそうなってしまった)したら、そうでした。びっくりしました。

 

あと、私、食べすぎたり、旅行などで肉や魚の料理が続いたあと、玄米だけのリセット食事法をやるのですが、人は玄米や白米だけで、結構元気に生きられて、とても意外でした。

 

それと、これも今年やってみたんですが、室内で葉っぱ野菜を育てられれば、冬にも新鮮な葉っぱを食べることが出来ました。

 

これ、超楽しいですよ。

出窓からほうれん草やねぎを切ってきて、それをお味噌汁に入れるのです。

 

アーユルヴェーダでは、あくまでも厳密に言えばですが、採れてから3時間以内のものを食べるのが良いという教えがあります。

 

それを東京というストレンジビッグシティでやれちゃった私、やるじゃん!!

なんて思ってます。

 

来年の春からは、友人から借りて畑を始めることが出来そうな私なのですが、本当はもうがまん出来なくて、今年から始めたいんですよね…。

 

ちょっと調べたんですが、都内の畑は高いですね…。

始められなくて残念です。

 

けど!!今年もプランターで色々育てます!!

 

冬にひっそり過ごそうという話は、少し極端だったかと思いますが、冬、元気じゃなくても普通なんじゃない?春に花咲くパワーためてるだけじゃない?なんてことを自分にも他人にも思えたら、その後迎える春は、より素晴らしいのではないかなあと思った次第です。

 

私の生まれた北海道の桜はだいたいゴールデンウィークに咲きます。

GWには帰省するので、桜をもう一度楽しんで来ますね。

 

それではみなさん、あたたまってお過ごしくださいね♨︎