お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

くしゃみに、「毒出しですね」

f:id:osayupress:20181008080400j:image

 

みなさんこんにちは!

この写真のごはん、アーユルヴェーダっぽいですね〜。

こういうの作れるとうれしいですね。

 

蓮村誠先生監修・青山有紀さん著「完全毒出しスープ」を参考に、最近はスープやあんこ(笑)をつくっています。

ブッコフにも、図書館にもよくある本なので、ぜひみなさん手にとってつくってみて下さいね!

 

さて、季節の変わり目ですね!

毒出しシーズンです!

夏の疲れがどすーんと!バチコーンと!出ますよ〜。

 

お白湯飲んで下さいね〜!!

あたためて下さいね〜!!

体はもちろん心も!

 

急に寒くなったり、暑くなったりのこの季節。

暑くなったら脱げば良いですが、寒くなったら足元をあたためることをおすすめします。

 

靴下を一枚多くはくとか、レギンスをはくとか。

それで上は半袖でも大丈夫。

寒くなったら下の方に一枚足す。

これを思い出してもらえるとうれしいです。

 

どうして下半身をあたためるかと言うと、人の体は上半身は常に下半身より熱くなっていることが多いのです。

 

なので、冷えてるところをきちんとあたためてあげることで、体の温度のバランスが保たれるわけです。

 

お白湯は、体の中をあたためます。

そしてきれいにしてくれます。

シャワーですね。

 

季節に合わせて、温度を変えてお楽しみ下さいね。

 

そしてこの季節、風邪をひいてしまう方も多いと思います。

やっちゃったな、と思う方もいると思いますが、風邪は毒出しです。

 

冷えとり健康法とアーユルヴェーダを知って実践し始めてからのここ2年ほど、風邪をひいたひとを見たり、自分もひくと、よしよし、やったぜ、と思うようになりました。

 

風邪は新しい私になる印です。脱皮です。

 

季節ごとに風邪ひくひととか居ますよね。そういうのも、良いなあなんて思います。

 

だから、電車でごほごほ言ってるひとを見たり、大きなくしゃみしたりするひとを見ると、私は心の中で

「毒出しですね!」

って声をかけてます。

「おめでとう!」

くらいの 笑。

 

外国ではくしゃみをすると、必ず言う言葉があったりしますよね。

英語では「bless you」。

「神の祝福を」という意味ですね。

 

ドイツにもあるんです。

実際に友人が言ってました。

「Gesundheit!」(グーズンハイト)。

「健康」って意味なんだそうです。

 

はっくしょい!

健康!

 

ですよ!笑

その通り!ですよ!

 

日本でも、何か出来ないですかね。

「毒、出したね!」

ってみんな言う日が来るかもしれませんよ。ふふふ…。

 

ところで今、私の左目が、何があったか涙が止まりません。

 

これも何かの毒出しなんでしょうね…。

 

出していきますよ〜!毒!

 

そして今週末14日は、高円寺マヌケ宿泊所にて、月イチブランチ屋「サロンナンヴ」です。

地図 - 東京ゲストハウス 高円寺 素人の乱ゲストハウス・マヌケ宿泊所 - MANUKE GUESTHOUSE

12時前後からやっております!

 

おいもや栗の何かを出す予定…。

お楽しみに!!

 

f:id:osayupress:20181008103609j:image

(こちらは先月のようす)

 

それではみなさん、もりもり!あたたまってお過ごしくださいね♨︎