お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

目指すは、私

f:id:osayupress:20181227072021j:image

 

みなさんこんにちは!

今年もあと少しでおしまいですね。

 

今年は石井ゆかりさんの星占いに支えられまくった一年だったので、星占い的には12月7日から2019年って雰囲気、というのもわかるなあ、なんて思いつつ(オセロがぱたぱためくれていくように変化が起こっています!)、現実の年末年始の雰囲気も楽しんでいます。

 

秋から、やろうやろうと思っていた、古本廃棄とかは果たせなかったのですが、旧正月までには、と思っています。

 

台所とお風呂の換気扇をやって、それだけで大掃除終了!って感じです 笑。

私、やったぜ!って感じ。

 

私ね、目指すところがあって、アーユルヴェーダや冷えとり健康法をやって、紙やwebで「お白湯通信」としてお伝えしてるのですが、それは、私が楽しいからです。

 

そりゃ、みなさんもぜひ!やってね!すっごく良いよ!という気持ちはとてもあります。けど、自分だってなかなか躊躇して始められなかったこの生活をいきなりおすすめして断られて傷つくのも、非合理的かなと思って、

 

「私は、やってます」

 

と、お伝えしています。

 

でも…本当…楽しいのですよ!!!!

 

色々自分でつくって、自分を整えることが。

 

だから、自分を整えて、自分に帰って来ることが私の目的で、特別、ていねいな生活をしたいと思っているわけではないのです。

 

私は、ずっと、私らしく生きたくて、それを貫けることが「強い」生き方だと思っていました。

だから、「強くなりたい」と思ってアーユルヴェーダと冷えとり健康法を始めました。

 

では、私は強くなったか?と言うと、もーーう、何度も思うんですが、

 

なってない

っぽい

 

んです!!!爆

あはは!

 

どっちかって言うと、弱い自分に優しくなったり、弱い自分を見ても落ち込まなくなりました。

許容量が増えた感じです。

 

でも、ずっと、居たんですよね。

この、弱い私。

 

それを見ないようにしていたんですよね、私は。

だから、見るようになって、しかも、よくやったね、と思えるようになりました。

 

冷えとり健康法って、考え方がそれと近くて、表には出てない病気の元や病気の残りなんかを、あたためて表に出して体の中をいつもきれいにしておける健康法なんですね。

 

だから、一見病気みたいな症状が出てつらいんですが、後で必ず良くなります。

症状が長かったり重たかったりする時は、それだけ溜め込んでたものが大きいということです。

 

心も、同じだなあと思いました。

多分、一見、他人に迷惑をかけるくらいの大きなショックがあっても、必ず自分には良い方向に行くのだと、今年あらためて思いました。

 

それで、弱い自分を見ても、落ち込まなくするのに「あたため」が有効だな、というところに今、居ます。

内側からも、外側からも。

 

そして私は、強いとか弱いとかではなく、「私」になっていくことを目指して行っているのだなあと感じています。

 

強いところも、弱いところも、私だなあと、そう思えていることが、とてもうれしくあたたかいです。

 

毒親についてのカウンセリングという、直接的な要素もありますが、その効果を高くしたのは、自分の体を自分で知るアーユルヴェーダと冷えとり健康法の智慧あってのことだと思っています。

 

もし、ご興味あれば、冷えとりやアーユルヴェーダの本やネット記事をご覧になってみて下さいね。

 

私は服部みれいさんの本「あたらしい自分になる本」から入りました。

年末年始には良いかもしれないですね。

 

それでは、みなさん、思い切りあたたまってお過ごし下さいね♨︎

 

実家が、30センチ以上の積雪らしい…!!ヒー