お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

約四畳 + ロフトの宇宙 のつづき

f:id:osayupress:20171030071208j:image

 

zineでもお伝えしてますが、私の部屋は、キッチンスペースを入れて四畳半です。なので、流し台分の約半畳を引いた約四畳のスペースで暮らしています。

 

そこにロフトが付いています。

収納がないので、ロフトがあってとても助かっています。

 

基本的にロフトでぎりぎりにふとんを敷いて寝ています。

 

引っ越したいなとは思っていますが、今の所もそれなりに、いや、かなり楽しんで暮らしています。

 

食べ物はもちろん自炊ですし、得意のシフォンケーキを焼いたりもします。

出窓になっている窓辺にはプランターが所狭しと並び、簡単な家庭菜園をしています。

 

ユニットバスですが、構わず何時間も半身浴をしますし、IHの一口コンロが嫌で、カセットコンロをそこに置いてガスコンロ生活をしています。

コンロの口数は一口のままなのですが…。

 

そこでマンガも書いてzineも作って、たまに親しいひとをおもてなししたりもします。

 

テレビもパソコンもプリンタも置いてあります。

この辺は少し不便ですが、何とかやっています。

 

洗濯機も室内置きで、洗濯物も部屋干しです。

それでも生乾きはあまりなく、洗濯日和の日はとてもうれしいです。

 

きちんと片付けて、欲張ることなく暮らせば、狭くても楽しく過ごすことが出来ます。

ロフトがあって天井が高いからか、狭い部屋で気が滅入ることもあまりありません(私はね)。

 

そんな四畳プラスロフトでの暮らしの工夫が積み重なって、これは面白いのでは?と思えて来たので、発信することにしました。

 

自分の暮らしを好きになると、毎日が楽しくなります。

 

たまに、友人の実家の素敵な広い古民家とか行った後は、帰ってきてちょっと落ち込みますが、ガスの火でお鍋で炊いたごはんを食べると、とても幸せな気持ちになります。

 

窓辺のトマトが赤くなっていたり、ねぎやニラがニョキニョキ生えているのを見るのも、日々の楽しみのひとつです。

 

そこからちょっと収穫して料理に入れると、楽しさが倍増します。

 

この部屋は、約四畳半の、私の宇宙だなあと思っています。

少しの工夫で、楽しさが無限に広がります。

 

私の楽しみが、みなさんにも少し伝わって、楽しんでもらえたら、また更に私の宇宙が広がると思います。

 

約四畳半の暮らしの便りをwebでもお楽しみ下さいね。

 

それでは、あたたまってお過ごしください♨︎