お白湯通信web

zine「お白湯通信」のブログです。楽しい「生活」をして、あたたまって生きましょう!

リセットして新年!

f:id:osayupress:20171215092530j:image

 

こんばんは!

寒いですねえ!!

 

風邪ひいちゃいました!!

ガーンと、イエーイと、両方あります。

 

あたためまくっているのに…というショックと、お、毒出しだなという、うれしさと。

 

私は常日頃、おかしいんじゃないかってくらいあたためて過ごしています。

靴下もレギンスも重ねばきして、レッグウォーマーもして。

 

ですが、あの時一回のくしゃみから全てが始まりました。

 

寒いと感じてないのにくしゃみが、一回出ました。

その後、さらさらの鼻水が出続けて、柔らかいティッシュを買い、次々と出しています。

 

こういう時に出るものは、くしゃみも鼻水も、今までに摂った毒素だと、冷えとり健康法では考えるそうで、更にあたためて、どんどん出して行こう!と出しています。

 

毒出しが上手く出来る体のひとは(多分免疫力も高く、アーユルヴェーダで言うオージャスも高いと思う)、特にあっためて寝れば一日で出し切って回復するようなのですが、私はなかなか少ししか出ないようで、何日かずびずび言っています。

 

新年も迎えますし、今転職活動中でもあるし(そうなんです。お仕事下さい♡)、リセットなんだな!デトックスダネー!なんて、今年二度目の風邪っぴき友人と言いながら、風邪が出て行った先の自分を想像しています。

 

私、「お白湯通信」で結構毒、毒と言っていますが、まさにお白湯を飲むきっかけとなったアーユルヴェーダも「人間は毒素のかたまり」と考えています。

でもそれは出すことができる毒です。性悪説なわけではありません。

 

どちらかと言うと、王子様がかえるに変えられていた、という方です。

 

本来人間はクリアーで、まっすぐな川なのが、体の中や心の中に入ってくる色々なものによって、消化し切れないものが「毒素」となるわけです。

 

なので、あたためて、免疫力を上げて、低い時には食べるものや量に気をつけて、川の流れを良くして行けば良いはずと思って、私は日々あたためているのです。

 

アーユルヴェーダと冷えとりも2年目に入りましたが、まだまだひよっこなのですねえ。

 

お白湯とあたたかい飲み物で、毒を出して年末を楽しく過ごしますね。

食べすぎは体を冷やすので、忘年会で食べ過ぎたら、次の日はおかゆとか食べるようにしています。

 

最近、ちょっと食べすぎが続いていたな...と思い出しました。

体が風邪ひいて出そうとしてるんですねえ。

 

それでは、みなさんもあたたまって風邪ひいて 笑、お過ごしくださいね♨

 

*****

 

ご好評をいただいています「はたらかないカレンダー2018」、在庫が少なくなってまいりました!

気になっていた方はぜひこの機会にお求めくださいね。

 

先日ジンギャザで配ったフリーの「お白湯通信」(あたため臨時増刊号)ついてます♡